このページの先頭です

脱毛サロンがしている痛みの対処法について

552views

投稿日:

脱毛サロンはどんな痛みの対処法をしてくれているの?

脱毛サロンに通った時に、どうしても痛みが我慢できないと言う女性は少なからず存在しています。脱毛するパーツによりますが、脱毛はある程度の痛みがつきものだからしょうがない事ですよね。だから、脱毛サロンではいろんな方法を駆使して痛みを軽減させる努力をしています。その対処法の一部を紹介してみましょう。

フラッシュ脱毛を使う

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛が一般的になっています。これが、一番痛みを軽減できる脱毛方法だからです。フラッシュ脱毛ではない方法だと、ムダ毛を引っこ抜くブラジリアンワックスがありますが、これは相当な痛みを伴うので、我慢しきれない女性が多いんです(脱毛効果は高いんですがね)。それに比べると、フラッシュ脱毛は多少の痛みは伴うもの、どうしても乗り切れないという痛みではないんです。

肌荒れがある場合は脱毛しない

脱毛したいパーツに、何かしらの肌荒れがある場合は脱毛をおすすめしないことになっています。例えば、

  • ニキビ
  • 吹き出物
  • 日焼け

などがある場合です。特に、顔脱毛する場合はシビアにならなければいけません。顔脱毛にこのような肌トラブルがある場合は、痛みが酷くなるだけではなく、更なる肌トラブルを起こす可能性があります。

こういう時は自己脱毛もしてはいけないので、無理に脱毛しないようにしましょう、特に、シェービングによる脱毛はもってのほかです!ニキビなどを傷つけてしまうから出血する可能性があります。

体調の良い時だけ脱毛する

脱毛の予約日に体調が芳しくない場合は、脱毛をお断りすることがあります。痛みと言うのは、体調によって左右されやすいものなんです。この「体調が悪い」というのは、病気をしている場合だけではなく、生理中も含まれます。これは、デリケートエリアの脱毛を希望していない場合でも同じことです。

こだわり抜いた保湿ケア

自己脱毛をすると痛みを感じる女性が多いと思いますが、そういう女性は保湿ケアを手抜きしている傾向があります。だから、脱毛サロンでは必ずこだわり抜いた保湿ケアをしているのです。脱毛する前に、まず保湿をして肌を柔らかくします。そうすれば、最小限の痛みで脱毛できるんです。

さらに、脱毛が終わった後にも保湿ケアをします。このアフターケアをすることで、肌の赤みや腫れを抑えることができるのです。脱毛中に痛みを感じなくても、「脱毛が終わった後に痛みが出てきた」と言うのはよくある話なので、意外と盲点なんですよ。そういったトラブルを防ぐためにもアフターケアは大切なのです。

十分な期間をあけて脱毛する

脱毛サロンでは必ず十分な期間をあけて脱毛するプランを作っています。どうしてかというとフラッシュ脱毛すると肌のバリアが低下しているので、コンスタントに脱毛すると痛みを感じやすいからです。どくらいの期間をあけるのか?については、脱毛するパーツによって違いますし、脱毛サロンによっても違うので一概には言えません。

全身脱毛を例に挙げると、3ヶ月に1回脱毛するのが通常だと思います。恐らく全身脱毛が一番期間をあけることになるでしょうから、パーツ別で脱毛する場合はこの期間と比較して捉えておけば良いでしょう。

痛みに弱い女性はアフター保証を確認しておきましょう

脱毛サロンでは、上記の様な痛み対策をしてくれている訳ですが、そもそも痛みに弱い女性は、それでも痛みを感じてしまうものです。どうしても痛みが我慢できない場合は、それが肌荒れになることもあります。そんな時には、治療や処方薬の処方をしてもらわなければなりません。

そのような対応に余計なお金がかからないように、アフター保証を確認しておきましょう。これは契約した後に確認してもしょうがないので、契約する前に確認しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です